医療法人社団錦昌会 みどりのは 葉記念病院


〒266-0026 千葉県千葉市緑区古市場町902-4
TEL 043-209-8911(リハビリ直通TEL 043-209-8913)

 

 

【専門外来】泌尿器科外来

 

【専門外来】形成外科外来

 

看護部のご案内

 

求人のご案内

 

ちはら台整形外科

 

千葉こどもとおとなの整形外科

 

看護管理者研修に参加しました。


82830日、910日、1028日、千葉県看護会館において5日間に渡って行われた看護管理者研修に参加致しました。主に組織管理や課題解決、人材育成について学びましたが、中でも興味深かったのは「成功循環モデル」という、組織が長期的に成功し続けるための考え方です。組織の中では「関係の質→思考の質→行動の質→結果の質」という循環が起きており、関係の質からスタートした時は成功の循環が起きますが、結果の質から入ると結局は関係が悪化し、結果の質を下げるという考え方です。スタッフ間に相互不信がある職場では、新たな提案や報告が行われにくく、事故のリスクを伴い、さらに信頼関係が悪化してしまいます。よい循環に回していくためには関係の質に着目することが重要です。スタッフ間の信頼関係を深め、情報を共有することで、多彩なアイデアや意見を出しやすい風土となり、思考や行動の質が高まり、より良い看護を提供できるということを学びました。
 関係の質が高い組織作りに必要なことは、心理的安全性の高い場を作ることが必要です。スタッフの一員としてお互いを認め、意見を発信でき、それを聴いてもらえる関係性がある場を作ることで承認欲求が充足され、「ここにいていいんだ。ここで働きたい。」という気持ちを高めることができます。心理的安全性が高いと、やりたいと思うことに取り組めるようになり、最大のパフォーマンスを発揮できるということを学びました。
 仕事を行う上では多くの失敗が起こったり、意見や考え方が衝突・対立することがあります。大切なのは失敗から学ぶことであり、心理的安全性の高い場がなければ、学ぶ機会が奪われてしまいます。また衝突・対立状況にあることは悪いことではなく、組織活性化や成長の機会と捉え、積極的に受け入れて問題解決を図ることが大切であり、それを乗り越えたとき、より強い組織を築くことができるということを学びました。
 看護管理者は、効率的に運営できるような人員調整やベッドコントロール、他部署との交渉など業務は多岐に渡ります。その中でも一番大切なのは人であり、スタッフ1人ひとりの思いと向き合うことが大切です。日々目の前の業務をこなすことで一杯になっていましたが、今回研修に参加し、管理者として何を大切にするべきか気づくことができました。今回の学びを活かし、「関係の質」の高い組織作りに貢献していきたいと思います。


看護部 代表